テーマ:體が名を表す

シジュウカラガン観察記

トピックス;『琵琶湖湖北で孤高のシジュウカラガンにお逢いしました。ひょっとして若様かも!!』、『英国のシジュウカラガンの先祖は北アメリカ大陸からの輸入観賞鳥でした。』、『本邦では約70年以上前から渡来数が減少していた!』、『鳥たちにとっては安全な塒と豊富な採餌場所が必要ですよね!』『英名はCanada Gooseです。』 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホシガラス(星鴉):Nutcracker

トピックス;ホシガラス『乗鞍岳、畳平の鶴ケ池付近でお逢いしました』、『本邦やヨーロッパでは観察場所が限られています。』『アジア系産は白色が目立ち・ホッソリした嘴で美男美女かも?』、『英名は「Nutcracker」、新和名訳は?「くるみ割り鳥」かも!』、『和名は體の白班が星のように観えた鴉かも??。』    このホシガラスの世界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカハラ(赤腹)Brown Thrush 86

トピックス;アカハラ、『和名は下面の「赤色」、英名は「褐色:Brown」から、でも、學名は「黄金色」!』、『美濃国加納藩(瑞龍寺山;通称水道山)で観ることが出来ました!』、『「アカハラ」の雌の判別は「マミチャジナイ」と見間違う場合がある??』、『お腹の色が名前で赤腹ですが、決して腹黒ではなく太陽の光で黄金色に観えますよ!!』、『ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マミチャジナイ(眉茶ジナイ):Eyebrowed Thrush

   トピックス;マジチャジナイ、『和名は體の色(眉のある茶色のツグミ)、英名も眉毛から貰っています?』、『美濃国通称・水道山山頂、(瑞龍寺山横隣)でタカの渡りの終期に観ることが出来ました!』、『ヨーロッパ大陸ではレアー種扱いです。本邦でも珍しいかも?』、『A Kind of Japanese Birds』『表題のジナイの日本語変換…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オナガ(尾長)Japanese Blue Magpie 070

トピックス;オナガ『體と色が名をなす』『その昔、埼玉県御猟場内に数多く棲んでいました?!』『日本の棲息分布と世界の分布上の繋がりが見当たらない!』、『尾の長さが翼長の約1.5倍!』、『ヨ-ロッパ大陸では地域限定・レアー種扱いです。』 『A Kinds in Japanese Birds』    「オナガ」:現代は漢字で「尾長」、異…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シマアジ(縞阿治) Garganey 78

  トピックス;『體が名を表す。』『三列風切羽が縦縞パンツに観えるかも?』『春先の雄はその特徴として白い眉班を観ることが出来ます。』『ヨーロッパでも「コガモ」と「ハシビロカモ」と一緒に過します。』『空中を観ていると思わぬ画像(Blueimpulse)もゲットできました。』『A Kind of Japanese Birds』   和名、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ササゴイ(細小五位) Striated Heron 74

   トピックス;ササゴイ『水中の魚から観れば,まるで羽模様は動く細小竹の筋かも??』『和名・英名とも躰が名を表しています。』『昼間に活動しますので「夜逃げ:ごゐ」が出来ません。』 和名「ささごゐ」:漢字で「細小五位」と書きますが、翼縁が細小竹(ささだけ)に似ているようです。英名は「Striated Heron :溝(筋)のあるサ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ハシビロコウ(嘴廣鸛) Shoe bill 番外013

トッピックス『體が名を表す』『アフリカ白ナイル地方へ小旅行をしてみませんか!!』『昔の名前は廣嘴鸛(ヒロハシコウノトリ)と呼んでいます!』『嘴峰線が木靴のそれに似ていませんか??』『待てば海路の日和あり!』   2014年の春季・夏季、お江戸寛永寺領跡、恩賜上野動物園を訪れアフリカ小旅行をしました。 日頃、殆んど身動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオワシ(大鷲)不忍池にて Steller's Sea Eagle 番外012

トピックス: オオワシ『体が名をなす』『超接近してくれました。(身近にご覧頂けます。)』『長生きしているようで万事塞翁が鷲(馬)かも!!』『絶滅危惧の切っ掛けは食糧確保の乱獲ばかりではなさそう!』『千年以上前から尾羽を矢羽として賞用しています。』   美濃国から西方約50キロ近江国琵琶湖東岸、山本山で毎年冬季に「オオワシ(今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セグロカモメ(背黒鴎) Herring Gull 056

トピックス;セグロカモメ『體が名を表わす。』『羽衣はカモメに似ていますが遥かに大きいとされています。』『平素は岩礁鳥、冬季はカモメやユリカモメと違い都会派にはなれそうにもありません??』『ヨーロッパでは減少傾向にあります。』 『 A Kind of Japanese Birds』 和名「セグロカモメ」:漢字で「背黒&#40407…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クマタカ(熊鷹) Japanese Hawk Eagle 68

トッピクス:クマタカ『軆が名をなす』 『その昔、名前はクマタカですが鷲類でした。』 『本種は東北地方では放鷹(ほうよう:鷹狩)に使用していました。』 『本邦特産の亜種で山岳に棲む鷹です。』 『クマタカとイヌワシとはお互いに棲み分けているようですね?』 わが国にはオオタカを始めとする多くのワシタカ類が棲息しています。美濃と近江の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラフヅク(虎斑木莵) Long-Eared Owl 054

トピックス;トラフヅク『體が名を表わす』『虎斑はトラフ(とらまだら)で木陰いるミミヅク(古名:美美都久)』『英名は「Long-Eared Owl:長い耳をしたフクロウ」です。』『木陰の中、所在確認が困難でした。』『行き交う人の中、春先まで幸多かれと願います。』  和名「とらふづく」:漢字で「虎斑木莵(古名:虎斑美美都久)」と書きま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マヒハ(真鶸:まひわ)Siskin 031-2

トピックス;マヒハ『體が名をなす』『大都市の中で聞きなし「ひゅん、ちゅん、ちゅん」の口笛を吹く小さな鳴聲「チューチュー」をご拝聴 !!』『採餌時、その動きは曲芸師と云われています。』『生まれ故郷はタイガ地帯(針葉樹林帯)??』『冬季は餌を求め辺りをかまわず必死に生き延びています。』 『A Kind of Japanese BIrds』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オナガガモ(尾長鴨) Pintail 044

トピックス;ヲナガガモ『體が名をなす。』『英名は「Pintail:長く突き出た尾」です』『尾の長さは略々「キジ」と同じ??』『水面鴨は飛立つ時は助走せずほぼ垂直に飛立ちます!!』『異名「トメバリカモ」がお似合いかも??!』 『 A Kind of Japanese Birds』    和名「ヲナガガモ」漢字で「尾長鴨」と書きます。さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハシビロガモ(嘴広鴨 )  Shoveler 60

トピックス;ハシビロガモ『體が名を表す。』『別名、「くちがも・はしがも」です。』『水面の動・植物のプランクトンを板歯で濾して食べます。』 『時には好んで小形の貝類を捕食することもあるそうです。』 和名「ハシビロガモ」漢字では「嘴広鴨」と書きます。「他のカモ類に比べ嘴が極めて大きく箆(へら)状の変わったカモ」です。英名では「Shovel…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コハクチョウ(小白鳥) Bewick’s Swan 004-2

トピックス;コハクテイウ『體が名をなす』『昔の和名は「白鳥」で改名して「小白鳥」になりました。』『戦前はコハクテイウが本邦に渡来するのは珍しい存在でした。』 和名「こはくちょう」:漢字で「小白鳥」と書きます。毎年数回、美濃國からクルマで1時間30分程の隣国近江國の朝日山藩(長浜市:旧湖北町)付近の琵琶湖へ水鳥を観に行っています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タマシギ(玉鴫:雄) Painted Snipe 55

トピックス;タマシギ『體が名を表わす。』『英名は「カラフル」な雌から名が付いたようです??』『恐妻家の見本、雌が派手で一妻多夫の鳥。』『求愛行動は他の鳥と違い雌が事始め!?。』『鳥卵学の研究者、「コバケイ」さんは偉い方!!』 和名「タマシギ」:該当する和漢字は「玉鴫」と書くそうです。美濃国は東から西へと木曽川・長良川・揖斐川があり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キジバト(雉鴿:避暑方法)Oriental Turtle Dove 49-2

トピックス;キジバト『野鳥も熱中症になるかも』『その昔、上高地では「ウェストン」さんも「デデ、ポー、ポー」という鳴声をお聞きになったかも??』『英名は「Oriental Turtle Dove:東洋の哀しげにクークーと鳴き情愛の深い鴿」です。』 突然ですが今年もここ美濃国も連日猛暑日が続いています。昨年の夏、2011年8月13日は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コチドリ(小千鳥):Little Ringed Plover 51

トピックス;コチドリ『體が名をなす、「イカルチドリ」との仕分けはどうなるの??』『別稱「ももちどり:百千鳥」かも??』、『千鳥類たちは正足の後趾が存在せず、歩み方に特徴があります。』『今から約四半世紀前の「チドリアシ科」の人種も現在は絶滅危惧(Rare)種になっているとか??』 和名「こちどり」:漢字で「小千鳥」と書きます。英名は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マヒハ(真鶸:まひわ):Siskin 031-1

トピックス;マヒハ『體が名をなす』『聞きなしは「ひゅん、ちゅん、ちゅん」若しくは「チュゥイーン、チュゥイーン」と聞こえるかも??』『今から約1010年前、「清少納言」さんの「随筆:枕草子」の鶯などと共に登場しています。』 和名「まひわ」:漢字で「真鶸」と書きますが「ほっそり小さな鳥で決して弱くはありません??また、この鳥を輪島…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

キジバト(雉鴿):Oriental Turtle Dove 49-1

トピックス;キジバト『體が名をなす、名前は赤の他鳥の「キジの羽斑模様」に似ているから??』『ご先祖さんの栄養不良を救ったのはこの鳥たちのタンパク源でした。』『富士山麓に「デデ、ポー、ポー」とオーム(キジ??)が鳴く』 和名「キジバト」漢字で冠名に「キジ」が付き「雉鴿」と書きます。また、ハトの漢字は「鳩(きゅう)」と「鴿(こう)」の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コガモ(小鴨)Teal: 46

トピックス;コガモ『體の大きさが名を表し、カモ類の中で一番小型です。』『別名は「たかぶ又はタカベ」です。』 『昔は肉味が鴨類中第一位、二位と云われて大人気でした。』『鳴声は“clik clikで學名”crecca” に関係しています?』  『 A Kind of Japanese Birds』   和名「コガモ」漢字で「小鴨」と書き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンムリカイツブリ(冠鳰??;):Great Crested Grebe 44

トピックス;カンムリカイツブリ『體が名を表す。』『戦前戦後の鳥図鑑では確認されていません。本邦での紹介者「小林桂助さん」は偉大です。』『イギリスでも19世紀に絶滅の危機が訪れていました。』『タイトルの漢字の「鸊鷉」が日本語変換されませんでしたので代用漢字です。』  和名「カンムリカイツブリ」和漢字では「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイサギ(大鷺):Great White Egret 026

トピックス;ダイサギ『色と体(形)が名をなす:雪白色の翼。』『清少納言さんは「サギ」を少し嫌いだけれど面白いと詠っています。』『維新以降は稀少種扱い、戦中戦後は滅多に見ることができない鳥でした。』『A Kind of JAPANESE BIRDS』    和名「だいさぎ」:一般的に白鷲と言われおり、漢字で「大鷺」と書きます。繁殖期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カワラヒワ(河原鶸):Oriental Greenfunch 36

トピックス;ヒワ『場所と体(形)が名をなす。』『昔の名前は「小川原鶸;こかはらひわ」で出ています。』『「弱+鳥:ヒワ」は決して「弱キ鳥」にあらず、ホッソリしているだけよ!』 和名「ひは」:漢字で「鶸」と書きます。この鳥は我家への訪問客の一羽でもあります。小鳥たちも美味しいものが判っているようで香草を食べに遣って来て楽しませてくれま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コサギ(小鷺):Little Egret 35

トピックス;コサギ『體が名をなす。』『別名は一杯鷺(いっぱいさぎ)です』『コサギの仕分け処は足指(趾)の「Yellow feet」です。』『世界の美女は「身(蓑)の毛」がお好き』『江戸時代、ご先祖さんの栄養不良を救ったのは鳥たちのタンパク源でした。』 和名「コサギ」漢字で「小鷺」と書きます。「コサギ・チュウサギ及びアマサギ」の仕分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アヒル(鶩):Duck 023

トッピック:『野鳥の番外編ですがよろしく。』『アヒルも野鳥の義兄弟(姉妹)です?』、『體(部位)が名を表す』、『生まれは中国です。』   和名「アヒル」は漢字で「鶩」と書きます。この鳥は、野鳥として「外道」かもしれませんが「マガモ」と密接に関係しています。しかし、このような家禽は人間の生活と野鳥と深い関わりがある割合には現代の鳥図…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラツグミ(虎鶫):Scaly Thrush 20

トピックス;トラツグミ『體が名をなす。』『別名:ぬゑこどり・鬼ツグミ』『それに付けても万葉の時代から。皆さんに知られていますよ!』『どんな人も独り夜は寂かもよ?』 和名「トラツグミ」漢字で「虎鶫」と書きます。トラのような縞模様?がこの名の由来になったと思われます。 万葉集(7世紀後半から8世紀後半に編纂)に80首以上も詠んでいる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メジロ(眼白):Japanese White-eye 18

トピックス;メジロ『体(眼)が名をなす。』『別名:繡眼兒(しゅうがんじ??)』『鳴聲は「ちょうべい・ちゅうべい・ちょうちゅうべい (長兵衛、忠兵衛、長忠兵衛)」と早口言葉?』 和名「メジロ」:漢字で「眼白」と書きます。鳥の名付けの漢字を調べている昭和7年発刊の「大言海」では、『燕雀類ノ小鳥ノ名。大キサみそさざいノ如ク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオワシ(大鵰):Steller's Sea Eagle 014

トピックス;オオワシ『体が名をなす』『尾羽は千年以上前から使われています。』『本当に子供を襲う?』『本種ハ東部アジアニ限リ分布シ、ヨーロッパでは観ることが出来ません!?』『身近に観られます!、動物公園では!!』 「ワシ」の漢字は「鷲」の他にもう一つ「鵰(周+鳥、): 円を描いて大空めぐるワシ」があるそうです。また、私たちも好きな菓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more