テーマ:シギ・チドリ類

オグロシギ(尾黒鴫):Black-tailed Godwit

トピックス;『和名・英名ともに色が名を表しています。』『本邦で観ることの出来る大形のシギの仲間です。』『全体が濃い赤かっ色系となるのは老鳥だけだそうで多摩動物公園でご覧頂けます!』 和名、「おぐろしぎ」、漢字で「尾黒鴫」と書き、英名は「Black-tailed Godwit」です。秋口、美濃国加納藩から南西約2里(8キロ)離…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミヤコドリ(都鳥)Oystercatcher 066

  トピックス;『和名は場所・英名は行動が名を表しています。』『今では探鳥会の看板スター』 『ヨーロッパの貝採り漁師さんとはライバル関係です。』 『安心して下さい! ユリカメモではありませんよ!!』  『A Kind of Japanese Birds』 和名、「みやこどり」は和漢字で「都鳥」と書き、英名は「Oysterca…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハマシギ(浜鴫)Dunlin 061

トピックス;『和名は場所が名をなし、英名は色がなしています。』『越冬期間(11~2月)において海岸干潟に見られるシギ・チドリ類中の半数以上を占めます。』『ヨーロッパでの南北移動は3000㎞以上?集団で渡って往きます。』『繁殖地のツンドラ地帯へ直行かも??』 『A Kind of Japanese Birds』     和名、「は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トウネン(当年)Red necked Stint 80

  トピックス;『別名「とうねんこしぎ」と呼んで下さい!』『春は成鳥、秋は当年生まれ(幼鳥)が姿を見せてくれます。』『短時間で本邦の海岸線(湿地)を渡って行きます。』『A Kind of Japanese Birds』   和名、とうねん:和漢字で「当年」と書きます。本邦では春・秋季に旅鳥として訪れてくれるシギ類の中では最小、秋の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イソシギ(磯鴫)Common Sandpiper 059

トピックス;『場所が名をなす。』『繁殖地は山間の川原や湖沼の砂礫地、低木疎林、草原等です。』『部位の特徴は翼を閉じた刻の白い三角山が鮮明です。』『鳴き声は舞い立ち際や飛翔中が多いそうです。』 『A Kind of Japanese Birds』  和名、「いそしぎ」は和漢字で「磯鷸」と書きます。駿河国、浜松藩の河口…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イカルチドリ(斑鳩千鳥) Long-billed Ringed Plover 048

トピックス;イカルチドリ『名付け方が判らない』『一名「くびたまちどり」と云います。』『今から約1010年前、「清少納言」さんの「随筆:枕草子」の鶯などと共にチドリが登場しています。』   和名「いかるちどり」:漢字で「斑鳩千鳥」と書きます。これは約1010年前の西暦998年(長徳4)に宮廷に10年ほど仕えていた「清少納言」さんが「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タカブシギ(鷹斑鴫) Wood Sandpiper 62

トピックス;『體(模様)が名を表わす』『和漢字「鷹斑鴫」と書きますが「斑」を如何して「ぶ」と読む理由が判りませんでした。』『戦前、鴫の仲間(旅鳥)として認知してもらえませんでした。』 『 A Kind of JAPANESE  BIRDS 』   和名「たかぶしぎ」:漢字で「鷹斑鷸」と書きます。ある新聞連載記事では『首から胸元に鷹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シロチドリ(白千鳥) Kentish Plove 034

トピックス;シロチドリ『色が名をなす』『英名はイングランドケント地方の場所を採って名が付いています。』『名付け親「R, スウンホー」さんは「コウノトリ」の名も付けた方です。』『鳥類卵学者「コバケイ」さんは「Great」さんです。』 和名「しろちどり」:漢字で「白千鳥」と書きますが、英名では「Kentish Plover:ケント地方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タマシギ(玉鴫:雄) Painted Snipe 55

トピックス;タマシギ『體が名を表わす。』『英名は「カラフル」な雌から名が付いたようです??』『恐妻家の見本、雌が派手で一妻多夫の鳥。』『求愛行動は他の鳥と違い雌が事始め!?。』『鳥卵学の研究者、「コバケイ」さんは偉い方!!』 和名「タマシギ」:該当する和漢字は「玉鴫」と書くそうです。美濃国は東から西へと木曽川・長良川・揖斐川があり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コチドリ(小千鳥):Little Ringed Plover 51

トピックス;コチドリ『體が名をなす、「イカルチドリ」との仕分けはどうなるの??』『別稱「ももちどり:百千鳥」かも??』、『千鳥類たちは正足の後趾が存在せず、歩み方に特徴があります。』『今から約四半世紀前の「チドリアシ科」の人種も現在は絶滅危惧(Rare)種になっているとか??』 和名「こちどり」:漢字で「小千鳥」と書きます。英名は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セイタカシギ(背高鴫):Black-winged Stilt 025

トッピックス:『体(姿形)が名を表しています。』『邦産、しぎ類中極テ稀ナル種類、ヨーロッパでもユニークな鳥??』『家族揃って大提灯まつりに参拝!!』『脚の長さは普通のシギの2倍以上アリ』『A Kind of JAPANESE BIRDS』 和名「セイタカシギ」:漢字で「背高鴫」と書きます。美濃国から自動車で名高速・国道を利用し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タシギ(田鴫) Snipe 018

トピックス;タシギ『行動(所在)が名をなす。』 『シギの名付けはイミジキ羽音から』 『別名「田鳥」田に渡来する鳥、山で暮らすのは「ホトシギ・ウバシギ・豚シギ』 和名「タシギ」:漢字で「田鴫」と書きます。いつも名前を調べています大言海で「たしぎ:田鴫」を調べますと『鴫ヲ山鴫ニ別チテ云フ語、しぎ(鴫)ノ條ヲ見ヨ。』記されており、一方「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムナグロ(胸黒)Golden Plover 017

トピックス;ムナグロ『色が(胸)が名をなす。』『別名、アイグロ!』『足元不安でも絶好調!』 和名「ムナグロ」:漢字で「胸黒」と書きます。日本へは旅鳥として渡来しています。 戦後直後に発刊した改訂増補北隆館「日本動物図鑑」P196では次のような説明 『本種ハ秋季多数本邦ニ渡来シ耕地水田等ニ群棲シ好箇(こうこ:打って付け)ノ猟鳥トシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タゲリ(田鳧)Lapwing 006

トピックス;タゲリ『名は兄弟鳥から貰っています?』 『歌舞伎役者もしくは公家 (ナベトリクゲ)様?』 和名「タゲリ:漢字で「田鳧」と書きます。「タゲリ」と「ケリ(005鳧)」とは当然の如く外見は違います。前者は本邦へ冬鳥として渡ってくる鳥でありますが、後者は留鳥として扱われています。  昭和初期から編集開始された改訂増補「日本動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホウロクシギ(焙烙鷸) Far Eastern Curlew 03

トピックス;ホウロクシギ『始めチョロチョロ・・・・終わりはラッキーな一日でした』『何故!焙烙なのでしょうか』『シギの飛行時速は高速道路利用より速い!』  美濃國「ながらの森」から陸路約170キロ、自動車で3.5時間(計算しますと高速利用で平均時速約50キロ)離れた三河国、畠村藩(大垣新田)、「タカの渡りのメッカ、伊良湖岬」へ行って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more