テーマ:名付け方が判らない

サメビタキ観察記:Siberian Flycatcher(雨鶲)

   トピックス;サメビタキ『名付け方が判らない。でも、英名は発見場所かも??』『ヒタキ三兄弟の背丈の順は小さい方からコサメビタキ、サメビタキ、エゾビタキの順です。』『異名「小揚(こあがり)君とも云います。』『貴方は「鮫」派、それとも「雨」派ですか?私は「雨」かな!』『赤芽槲(アカメガシワ)はヒタキ類の頼りなる木の実??』『その昔、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コウライウグイス (Black-naped oriole) 観察記

トピックス;コウライウグイス、『なぜ、和名にウグイス科ではないのに高麗鶯と呼ぶのでしょう かね??」、『でも、學名は「黄金」の色に関連しているようです!?』、『英名は「Black-naped oriole」、和名訳は黒襟首の黄鳥かも!』、『迷走台風(5号)が迷鳥(コウライウグイス)を忖度して美濃国・長良川鵜飼へご招待!??。』,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サシバ(亶(坦)+鳥:刺羽) Eastern Buzzard Eagle 72

トピックス;サシバ『名付け方が判らない。』 『国内の渡りルートの詳細が判明したのは2002年の衛星追跡です。』 『美濃国、金華山周辺はこのルート上!』 『よほどの事でないと飛翔姿しか確認ができません!』 『幼鷹にとって海上の渡りは初体験』 『タイトル,「サシバ」の日本語漢字変換が出来ず「ゴメン」ないさい』 和名「サシバ」:漢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イヌワシ(狗鷲) Japanese Golden Eagle 67

トッピクス:イヌワシ『名付け方が判らない』 『昭和の初期は別名「クマワシ」と呼んでいました?』 『本邦の高さ1400mからアルプス3000m級の山岳に棲む鳥です。』 平素、本邦で観ることの出来る鷲は「イヌワシ、オオワシ、及びオジロワシ」の3種類とされ、ここ美濃国と近江国境の伊吹山ドライブウェイ沿いの標高1000-1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コサメビタキ(小雨鶲) Brown Flycatcher 66

トピックス;コサメビタキ『名付け方が判らない。』『異名「小揚(こあがり)君とも云います。』『貴方は「小鮫派」それとも「小雨派」ですか?』『その昔、本邦では義兄弟の「エゾビタキ」は未確認鳥でした。』 和名「コサメヒタキ」:漢字で「小雨鶲」と書くそうです。今から66年前の鳥図鑑の北隆舘1947発刊、「改訂増補 日本動物図鑑」P103で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エゾビタキ(蝦夷鶲) Grey‐Spotted Flycatcher 65

トピックス;エゾビタキ『名付け方が判らない』『第一學名は「Museicapa:ヒタキ類」ですが秋季は「森の吟遊詩人」ではなさそう??』『その昔、認知して頂けませんでしたので名前は覚えて貰えませんでした。』 和名「エゾビタキ」:漢字で「蝦夷鶲」と書くそうで、現代汎用鳥図鑑での和英名は『Grey₋streaked Fly…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アジサシ(鯵刺) Common Tern 049

トピックス;アヂサシ『名付け方が判らない、採餌が関係しそうです。』『學名はツバメが付いています。』『英名で「Sea Swallow:海燕」と呼んで下さい。』 『 A Kind of JAPANESE BIRDS 』   和名「アヂサシ」:該当する和漢字が解りませんでした。多くの場合「鯵刺」と書くそうです。美濃国から10里以上離れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイゼン(大膳) Grey Plover 047

ダイゼン『名付け方が判らない』『嘗て、肉の味がよく宮中料理のレシピに登場かも!』『飛翔時のダイゼンとムナグロの識別点は脇羽が黒色である事だそうです!』 和名「ダイゼン」:漢字で「大膳」と書きます。日本へは旅鳥・冬鳥として渡来しています。西三河国、西尾藩の一色海岸で出会いました。この鳥は江戸時代にも大膳(シギ)料理のレシピがあると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チウヒ(沢、狂+鳥) Marsh Harrier 038

トピックス;チウヒ『名付け方が判らない』『和漢字は沢のノスリで行動(所在)が名をなす。』『ヨシ原ではノスリや鳶と密接な仲間、一緒に飛びます!飛びます!』 和名「ちうひ」:和漢字で「沢鵟;:沼沢にいるノスリ」と書き、「チウヒ」と読むことになっています。冬鳥として秋口から春先まで沼沢の葭平原で越冬し、本邦では渡良瀬遊水地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コチヤウゲンバウ(小長元坊) Merlin 036

トピックス;コチヤウゲンボウ『名付け方が判らない』『エサを素早く狩り出すため低い処や土塊の上でじっと四方をスキャニングしていました。』『ヨーロッパでの生存情勢は安心安全とされていますが本邦では今後如何??』 『 A Kind of JAPANESE BIRDS 』   和名「コチヤウゲンバウ」:和漢字で「小長元坊」と書くそうで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノスリ(狂+鳥) Buzzard 59

トピックス;ノスリ『名付け方が判らない』『約1310年前の「古事記」に「鷙:たか」類が登場しています。』『世の中には人に役立つ「鷹」と役立たない「鷙:たか」がいるかも!?』『ヨーロッパでは「ノスリ」が猛禽類の判別の基準』 『 A Kind of JAPANESE BIRDS 』   和名「のすり」:和漢字で「&#40287 :狂+…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンショウクイ(山椒食) Ashy Minivet 56

トピックス;サンセウクイ『名付け方が判らない。』 『欧州では観ることが出来ません。』『夏鳥の観察期間は来日から一週間(旅の疲れを癒す間)程度が絶好だそうです。』 『サンショウクイは山椒ノ実は喰わないかも??』 和名「サンセウクイ」:漢字で「山椒食」と書くそうです。美濃国の水道山(展望台付近)で今秋季の渡り途中の数羽を観ました。ここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シロハラゴジュウカラ(白腹五十雀) Whited Belly Nuthatch 035

トッピクス;『名付け方が判らない』『別名「木まわり」、「木ねずみ」とも云うそうです。』『形態は義名兄弟「シジュウカラ」には全く似ていません。』『英名は行動、和英名は色から名が付いているようです??』『本州ではレア種かも??』『A Kind of Japanese Birds』   『シロハラゴジュウカラ』漢字で「白腹五十雀」と書きま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペンギン(ぺんぐゐんPenguin:人鳥 ) 番外005

トッピックス:今回、「一休み」させていただき「ぺんぐゐん」の説明です。『生まれ故郷にいれば野鳥、水を得た鳥です』『別名:和漢名は人鳥(じんてう)・企鵝(きが)と云う名前も有ります』『名前を知らなければ、物を覚えられません!』『感謝!感謝!今後もOutsider clickをよろしく♥♡♥!』 皆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コアヂサシ(小鮎刺??、小鯵刺?) :Little Tern 032

 トピックス;コアヂサシ『體の大小が名をなし、行動(集まること)が関係しそう。でも名付けの由来は判りませんでした。』『俗稱を「鮎鷹:あゆたか」と呼んで下さい。』『諸外国での蕃殖地は皆に見守(protected:保護された)られた場所です。』『「スギちゃん」曰くこの鳥はワールドワイドだぜ??』  和名「コアヂサシ」:該当する和漢字が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニュ-ナイスズメ(新稲雀)Cinnamon or Russet Sparrow 50

トッピックス:ニヒナヘスズメ『名付け方が解らないが時節が関係しそう??』『「入内雀」のことを宴会部長雀とも云うそうです。』『英名は「Cinnamon or Russet Sparrow:シナモン色若しくは枯葉色の雀」で名は色をなしています。』『別名、稲刈を催促する「稲負鳥:いなほせどり」かも??』   旅鳥としてゴーデンウイークに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オカヨシガモ(丘葭鴨):Gadwall 48

トピックス;オカヨシガモ『何故、名前に「丘」と「葭」が付くのでしょうか、名付け方が判らない』、『頭部がマガモより小さく角張っている鴨かも??』、『本邦産に仲間入りしたのは略々半世紀前、蕃殖確認は日本野鳥学上の一大ニュースでした。』『嘗てはレアー種でした。』 『 A Kind of JAPANESE BIRDS 』   和名「オカヨ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨシガモ(葭鴨):Falcated duck 47

トピックス;ヨシガモ『何故、名前に「ヨシ」が付くのでしょうか、名付け方が判らない。』『英名は「體が名」を表しています。』『別名「みのがも;みのよし」とも云われています。』『ナポレオンさんの帽子を観ることが出来ます。』 和名「ヨシガモ」漢字で「葭鴨」と書きます。本邦へ渡来している「カモ」類で水辺の葭(葦:よし)端などで過ごしています…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

オオバン(大鷭):Coot 029

トピックス;オオバン『大形ですが名付け方がわからない。』『「カモ」との違いは大きな(指廣い)蹼(みずかき:ボク)を持って、かつ脚を伸ばして飛びます。』『川にいる大きくて黒い鳥でも「カワガラス」ではありません。まるで頭部がコルク栓のように遊泳しています。』 『 A Kind of JAPANESE BIRDS 』   和名「オホバン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バン(鷭:小鷭):Moorhen 027

トピックス;バン『名付け方がわからない。』『別名、「田鶏」:タケイ」とも云います??』『蓮葉サーフィンの名鳥です??』『その昔は「肉味佳良ニナルヲ以テ猟鳥」でした。』 『學名はRed SoxでなくてGreen Soxです。』 和名「バン」漢字では「大鷭:オオバン」と相対し「小鷭」とも書く辞典もあります。水辺に棲みますが趾に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミサゴ(鶚 :オスプレイ):Osprey 024

トッピック:『ミサゴは「上から目線」で虎視眈々』『ミサゴ鮨は伊豆の「くさや」の元祖かも?』『停空飛行の「カモメ」と見間違わないで下さいね!』 『どかで聞いた「オスプレイが墜落??」でもシッカリ飛びますよ!?。』『A Kind of JAPANESN BIRDS』   美濃国から南東110km、三河国の田原藩汐川や渥美半島伊良湖岬の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミサゴ(鶚 :オスプレイ) Osprey 24-1

トッピック:『名付け方が判らない』、『鮨造りの名人です。』、『万葉の時代から詩歌に登場』, 『我説:水探漁(みさぐりぎょ)⇒ミサゴ』、『近く??、基地の上空で見られるかも??』    美濃国から南約40kmの尾張国庄内川・新川河口(名古屋港)導流堤、藤前新田地先の堤防から数百メートルほど離れた処で、この鳥を観ることができました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マガモ(眞鴨)Mallard 31

トッピクス 『名付け方が判らない』『「鴨界のカールおじさん」と呼んでください。』『鳴きあひる、叉はあひがもは異母兄弟!』 和名「マガモ」は漢字で「眞鴨」と書きます。大言海では「鴨:かも」の條で説明しています。其の処では『水鳥ノ名、候鳥(こうちょう:渡り鳥)ナリ。雁ニ後レテ来リ、雁ニ後レ帰ル、雄ヲあおくびト云フ、頭、頸、深紫ニシテ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カルガモ(輕鴨) Spot Bill Duck 28

トッピック :カルガモ 『名付け方が判りませんでした。』 『別名;夏鴨』 『軽々しく鴨の名前の由来は付けられませんが??』 『昔からカルガモ、マガモ及びアヒルは鴨三兄弟かも・・・』 カルガモは漢字で「輕鴨」と書きます。電子広辞苑ではこの鳥を『・・・水辺の草地に繁殖し、主に夜間活動。夏も日本に留まり繁殖するから夏鴨とも呼ばれる。東ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

センダイムシクイ (千代蟲喰?):Eastern Crowed Warbler 013

トピックス;センダイムシクイ『行動が名を表していますが、冠名「センダイ」が判りません。』『ムシクイの名は「枕草子」にも登場しています。』『旅の途中でお疲れ様』 昨年、8月下旬の真昼、尾張藩城下の名古屋市中区大津通りの交差点(繁華街)を横断中、偶然、傍の乗用車(信号待ち)のフロントに激突して失神気味の「センダイムシクイ:夏鳥」を救出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コクマルガラス(黒丸烏)Daurian Jackdaw 008

トピックス;コクマルガラス『名付け方がわからない』『日本への渡来は「ミヤマガラス:深山鴉」に同行します』『小林旭さんへ、昔の名前は出ていません』 和名「コクマルガラス」:漢字で「黒丸鴉」と書くそうです? 11月上旬、滋賀県野洲市付近「隣国近江国」の琵琶湖畔へ行きました。ここには稲刈り後、来春に向けて再度耕した広大な田圃があります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホウロクシギ(焙烙鷸) Far Eastern Curlew 03

トピックス;ホウロクシギ『始めチョロチョロ・・・・終わりはラッキーな一日でした』『何故!焙烙なのでしょうか』『シギの飛行時速は高速道路利用より速い!』  美濃國「ながらの森」から陸路約170キロ、自動車で3.5時間(計算しますと高速利用で平均時速約50キロ)離れた三河国、畠村藩(大垣新田)、「タカの渡りのメッカ、伊良湖岬」へ行って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イカル(斑鳩) Masked Hawfinch 04

トピックス;イカル『名付け方が判らない。』『別名;交喙鳥(いすかとり),まめまわし(豆廻、末米末和志)。』『欧州では棲息していません。「Exotic Bird」扱いです。』   和名「イカル」:漢字で「斑鳩(いかるが):ハンキュウ、鵤(いかるが)」と書きます。そこで名前に拘り詳しく調べてみましょう。  昭和7年(19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more