テーマ:タ行の鳥

チュウヒ(沢+狂&鳥):Marsh Harrier

 トピックス;『漢字で沢鵟と書き「チュウヒ」と読むそうです!』『英名、Marsh Harrierを和訳しますと“湿地のハリアー(チュウヒ)”と意味します?』『どうも、チュウヒは、垂直離着陸可能な唯一の猛禽であるともされています。曲芸師カモ?』『大英帝国の攻撃機名“ Harrier”に使われていました。』   和名「チ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トキみ~て! 見学記:Japanese crested Ibis

トピックス;『佐渡まで行かずに寺に泊まって「トキ」が見学できますよ!』『學名は何故か!珍しく和名の「Nipponia Nippon :ニッポンニア ニッポン」を採用しています!』『絶滅50数年後の放鳥10年間でこれまでに約300羽以上が天に舞ってくれました。』『この鳥の別名、朱鷺(しゅろ)または、桃花鳥(とうかちょう)はシーボルトさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タカの渡り2(岐阜金華山):タカ類の見分け, Identification of hawks

  トピックス; 岐阜金華山タカの渡り2、『 渡りのタカの種名と特徴を知り、観察を楽しんで下さい!』『姿、形の色模様や尾羽の帯縞模様も判別に重要かも?』『飛翔時の瞬時の見分けは一朝一夕には?!?, でも!でも!見慣れることが一番かも!!』『水道山での最適タカ観察時間帯は午前中の数時間かも!』 『タカの渡り(岐阜金華山水道山) では20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タカの渡り(岐阜金華山): Hawk Migration Over Kinkazan

 トピックス; 岐阜金華山タカの渡り、『春・秋季のデビュー順番が異なります。』『2018年水道山の秋季の渡りの前半期は例年と違いました!』『2017年、ノスリの渡り数が一日当たり過去最大910羽でした。』『タカの渡りは天候・風向きに影響されそう!』『東海地方のタカの渡り観察場所は伊良湖岬でも出逢うことが出来ますよ!』    岐阜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タゲリ(田鳧)Lapwing 006-2

  トピックス;タゲリ『英名は英古語(Hleapewince)の「飛び跳ね位置を変える」から貰っています?』、『オランダでは第一発見の卵を国王に献上します?』『ヨーロッパでも農業システムの変化で農地では減少傾向です。』、『餌を捕る刻、趾をタップダンスで探り、見つけ出します。』, 『A Kind of Japanese Birds』 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チゴハヤブサ(稚児隼):Hobby 84

トピックス;『和名は義兄から頂きました。』、『猛禽だと云え大形昆虫でその日の糧に活きています!』『英名は形の大小から、でも、この和訳は”趣味”かも?!?』『美濃国瑞龍寺山(水道山展望台)の上空で逢えました。』『他鳥の古巣を利用し巣作りは行わないEco営巣鳥!??。』『A Kind of Japanese Birds』   和名、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界のツバメの巣(Nesting) 番外017

  トピックス; {『知ってるようで知らないツバメの巣の作り方』、『翌年の生まれ故郷への生還率はわずか2%とか??』、『年間の死亡率は73%という高率ともされています。』、『このツバメ科の鳥は年に二~三腹、4~5卵で種の保存の本能を持っているかも??』、『脚は小さくて弱い、地上を歩くことはヒョトして下手かもね??』    さて、小林…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツバメ(燕)Swallow 31-2

トピックス;ツバメ, 『學名は色が名をなすかも?、』 『ヨーロッパでも人気者、ただの田舎者ではありません??』 『英国では名前は単なるSwallow(ツバメ)で和訳すれば、「一飲み」君です』 『ツバメの蕃殖数はヨーロッパでも減少傾向かも!!』 『本邦の汎用鳥図鑑での和英名はHouse Swallow(家ツバメ)』、 『A Kind …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツルシギ(鶴鴫)Spotted Redshank 81

トピックス;『名付け方が判らない。』『夏羽は一目瞭然ですが、冬季の判別が一層困難です。』『英名は斑点のある赤い脚のシギ。』『深い所へ泳ぎ出るほど水泳が得意で、動きまわり行動派です。』 『 A Kind of JAPANESE BIRDS 』 和名、つるしぎ:和漢字で「鶴鷸」と書きます。美濃国の休耕田で出逢いました。本邦では春…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トウネン(当年)Red necked Stint 80

  トピックス;『別名「とうねんこしぎ」と呼んで下さい!』『春は成鳥、秋は当年生まれ(幼鳥)が姿を見せてくれます。』『短時間で本邦の海岸線(湿地)を渡って行きます。』『A Kind of Japanese Birds』   和名、とうねん:和漢字で「当年」と書きます。本邦では春・秋季に旅鳥として訪れてくれるシギ類の中では最小、秋の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツミ(雀鷂) Japanese Sparrowhawk(放鷹種:四姉妹の末っ子) 71

トピックス;ツミ『名付け方が判らない。』『放鷹種は雌雄の名稱を異にします。ツミの雌は「すずみだか」、雄を「悦哉(えつさい)」と呼んでいます。』『小鷹狩は秋のもの、初鳥狩(はつとがり)と云うそうです。』『本邦での英語名の表記はバラバラで統一されていません??』 和名「ツミ」:漢字で「雀鷂:雀(小さい鳥)で、䍃+鳥(ゆら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放鷹種(鷹四姉妹について!) 番外011

トッピックス『鷹四姉妹について!!』 『雄鷹は体力が無いので鷹狩には使ってもらえません!!』『放鷹種は♂と♀とでは呼び名が違います。』『東の横綱「オオタカ」、西横綱「ハヤブサ」、雄タカは前頭候補かも??』{『放鷹術は放鷹種により少し異なるそうです。」  今回、我が国では上代(??)から現代まで続いている放鷹(ほうよう:鷹狩)について黒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツメナガセキレイ(爪長鶺鴒) Yellow Wagtail 番外010

トピックス: 本邦和名ツメナガセキレイ、『英名は「Yellow Wagtail :黄色の鶺鴒」です。本邦名の「黄鶺鴒(キセキレイ)」は英名で「Grey Wagtail:灰色の鶺鴒」とされています。』『本邦ではある面「レアーな(滅多に逢えない)種類」かも?』『ヨーロッパでは夏鳥です。』 『A Kind of Japanese Birds…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラフヅク(虎斑木莵) Long-Eared Owl 054

トピックス;トラフヅク『體が名を表わす』『虎斑はトラフ(とらまだら)で木陰いるミミヅク(古名:美美都久)』『英名は「Long-Eared Owl:長い耳をしたフクロウ」です。』『木陰の中、所在確認が困難でした。』『行き交う人の中、春先まで幸多かれと願います。』  和名「とらふづく」:漢字で「虎斑木莵(古名:虎斑美美都久)」と書きま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイゼン(大膳) Grey Plover 047

ダイゼン『名付け方が判らない』『嘗て、肉の味がよく宮中料理のレシピに登場かも!』『飛翔時のダイゼンとムナグロの識別点は脇羽が黒色である事だそうです!』 和名「ダイゼン」:漢字で「大膳」と書きます。日本へは旅鳥・冬鳥として渡来しています。西三河国、西尾藩の一色海岸で出会いました。この鳥は江戸時代にも大膳(シギ)料理のレシピがあると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タカブシギ(鷹斑鴫) Wood Sandpiper 62

トピックス;『體(模様)が名を表わす』『和漢字「鷹斑鴫」と書きますが「斑」を如何して「ぶ」と読む理由が判りませんでした。』『戦前、鴫の仲間(旅鳥)として認知してもらえませんでした。』 『 A Kind of JAPANESE  BIRDS 』   和名「たかぶしぎ」:漢字で「鷹斑鷸」と書きます。ある新聞連載記事では『首から胸元に鷹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チウヒ(沢、狂+鳥) Marsh Harrier 038

トピックス;チウヒ『名付け方が判らない』『和漢字は沢のノスリで行動(所在)が名をなす。』『ヨシ原ではノスリや鳶と密接な仲間、一緒に飛びます!飛びます!』 和名「ちうひ」:和漢字で「沢鵟;:沼沢にいるノスリ」と書き、「チウヒ」と読むことになっています。冬鳥として秋口から春先まで沼沢の葭平原で越冬し、本邦では渡良瀬遊水地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チヤウゲンバウ(長元坊) Kestrel 037

トピックス;チヤウゲンバウ『名付け方が判らない』『別名、その昔「まぐそ(馬糞)だか(鷹)」とも云われていました』『今から約300年前、この名が江戸期「本朝食鑑」に登場しています。』『世の中には人に役立たない「鷙」と役立つ「鷹」とが居るかも??』『ヨーロッパでは営巣地が廃墟となった建物、高所の窓辺の例もあります。』 和名「チヤウゲンバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トビ(鳶) Black Kite 58

トピックス;トビ『行動が名を表す』『空高く飛び廻ることから名が付いたかも!?』『和漢字には「鳶、鴟」他に「鵈・鵄」が有ります。』『三橋美智也さんが歌った歌詞に「夕焼け空が、真っ赤っか、鳶がぐるりと、輪を描いた、ホーイのホイ」と有ります。』 和名「とび」:一般的に和漢字で「鳶)」と書き漢和辞典では「足に長いひもをつけて飛ばさせた鳥」の意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タマシギ(玉鴫:雄) Painted Snipe 55

トピックス;タマシギ『體が名を表わす。』『英名は「カラフル」な雌から名が付いたようです??』『恐妻家の見本、雌が派手で一妻多夫の鳥。』『求愛行動は他の鳥と違い雌が事始め!?。』『鳥卵学の研究者、「コバケイ」さんは偉い方!!』 和名「タマシギ」:該当する和漢字は「玉鴫」と書くそうです。美濃国は東から西へと木曽川・長良川・揖斐川があり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドハト(堂鴿) ダヴDove&ピジョウンPigeonとの違い 37-2

 トピックス;『ドハト「Dove:ダヴ」と「Pigeon:ピジョウン」がありますがその違いは判りませんでした。』『「ダヴ」は一般的に小型で「ピジョン」より一層か弱い、多くの種は両方の名前を与えられています。』『人間世界ではハトは何時も「か弱い」、タカは「強引」な鳥として比較をしています。』 『A Kind of Japanese Bi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイサギ(大鷺):Great White Egret 026

トピックス;ダイサギ『色と体(形)が名をなす:雪白色の翼。』『清少納言さんは「サギ」を少し嫌いだけれど面白いと詠っています。』『維新以降は稀少種扱い、戦中戦後は滅多に見ることができない鳥でした。』『A Kind of JAPANESE BIRDS』    和名「だいさぎ」:一般的に白鷲と言われおり、漢字で「大鷺」と書きます。繁殖期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドバト(堂鴿):Rock Dove 37-1

トピックス;ドバト『場所と羽音が名をなす。』『別名は「ツチクレバト:土塊鳩」ですが本名は「塔鴿(とうはと)⇒堂鴿(どうばと)⇒どばと」轉かも??』『中学生時代に伝書鳩を飼っていました。それ以来、鳩胸出尻が好き??』『かつては「肉用、愛玩用、通信用」等の多数の品種がありました。』 和名「ドバト」、一般に漢字で「土鳩」と書いていますが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツバメ(燕) House Swallow 32

トピックス;ツバメ『声が名をなす』『別名の本命はどれ!◎土喰黒女?・○翅黒女?・△光澤黒女?』『秋には一緒に帰れば安全・安心!』『飛行速度は新幹線並み?』{『竹取物語に登場!』  和名「ツバメ」:漢字で「燕」と書きます。大言海P418では、『つばめの「め」ハ「やまからめ」や「ひからめ」と同趣、つばくらめ(燕)ノ略、』また、 [ つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チュウシャクシギ(中杓鷸) Whimbrel 022

トッピクス:チュウシャクシギ『體(姿形)が名を表しています。』『名前は茶道具(竹柄杓?)からヒント??』『嵐が荒れる原野(嵐が丘)で繁殖します。』『長旅、4,000km、本当にご苦労様!!』『A Kind of Japanese Birds』   美濃国から約40km南、クルマで県道を1時間余の尾張国、庄内川・新川河口の名古屋港藤前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツグミ(鶫) Dusky Thrush 24

トピックス;ツグミ『行動が名をなす』『夏季は口を噤みます。』『別名は「鳥馬:ちやうま」』『ご祖先さん達の栄養失調を救った鳥??』 和名「ツグミ」:漢字で「鶫」と書きます。この鳥は夏至以降、囀り聲が無く、口を噤(つぐ)む行動があることから「この名」を表わしている様に思えます?? ツグミ科の本家の鳥ですが同科の「シロハラ」と違い、農耕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラツグミ(虎鶫):Scaly Thrush 20

トピックス;トラツグミ『體が名をなす。』『別名:ぬゑこどり・鬼ツグミ』『それに付けても万葉の時代から。皆さんに知られていますよ!』『どんな人も独り夜は寂かもよ?』 和名「トラツグミ」漢字で「虎鶫」と書きます。トラのような縞模様?がこの名の由来になったと思われます。 万葉集(7世紀後半から8世紀後半に編纂)に80首以上も詠んでいる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タシギ(田鴫) Snipe 018

トピックス;タシギ『行動(所在)が名をなす。』 『シギの名付けはイミジキ羽音から』 『別名「田鳥」田に渡来する鳥、山で暮らすのは「ホトシギ・ウバシギ・豚シギ』 和名「タシギ」:漢字で「田鴫」と書きます。いつも名前を調べています大言海で「たしぎ:田鴫」を調べますと『鴫ヲ山鴫ニ別チテ云フ語、しぎ(鴫)ノ條ヲ見ヨ。』記されており、一方「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タヒバリ(田雲雀) Water Pipit 015

トピックス;タヒバリ『名は本家から貰っています。』『別名、稲雲雀or犬雲雀!』『鳴声は美空ひばりさんに遠く及びません!』 和名「タヒバリ」:漢字で「田雲雀」と書きます。この鳥の名は「タヒバリ」ですが「セキレイ科」の鳥で日本へは冬鳥として渡来しています。 近年の図鑑ではヒバリ類仲間は6種類、セキレイ科タヒバリ類は8種が記されていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タゲリ(田鳧)Lapwing 006

トピックス;タゲリ『名は兄弟鳥から貰っています?』 『歌舞伎役者もしくは公家 (ナベトリクゲ)様?』 和名「タゲリ:漢字で「田鳧」と書きます。「タゲリ」と「ケリ(005鳧)」とは当然の如く外見は違います。前者は本邦へ冬鳥として渡ってくる鳥でありますが、後者は留鳥として扱われています。  昭和初期から編集開始された改訂増補「日本動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more